旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

G.F.Händel Impertinence であそんでみたよ/よろず音楽塾

音楽教室

G.F.Händel  Impertinence であそんでみたよ/よろず音楽塾
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

よろず音楽塾でナチュラル音楽ライフを

場所:京都市左京区山端滝が鼻町13-1

京都バス:平八前から1分
市バス:修学院離宮道から3分
叡山電鉄:修学院から5分

ヘンデル作曲の Impertinence よろずなかんじで弾いてみました

なんだかナゾなタイトル
直訳すると「無礼」とか「不適切」って意味ですが
たぶん「マイペースさん」って意味だとおもうな

ポートレートっていって
だれかさんの雰囲気を曲にするってのが
このころ はやってたみたいだから

ちょっと意地っ張り
空気読めない系
でも にくめないなあ

そんなお友達がいたのかもね

案外ヘンデルさん
自分のことをそう思ってたかもしれないね

いつもおもってること

バロックはロックだ!

あたりまえなんだけど
どんな曲だって
できたその時は「現代音楽」だよね
それまでの常識をひっくりかえす
いちばんNOWくって いちばんギンギンの
そんな音楽だったはずだよ
とくに バロックって呼ばれる時代
みんな競争でノリノリの曲をつくって演奏してた

ガンガン踊れないひとは
それだけでダサかった

そんな時代に
大成功!
国際的エンターテイメント ミュージシャンだったヘンデル

だれだ?
ヘンデルさんを「音楽の母」なんていったのは??

だいたい 女の人じゃないし

それまでに誰もやってなかった
NOWいジャンルをどんどん生み出したってとこで
「母」なのかな?

音楽に魂が動き出す
そんなあなたにはバロック音楽がむいてるとおもうよ

京都 よろず音楽塾 メールでのお問い合わせは

musicayorozu@gmail.com
まで

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸